Peter CWB Mooka

Peter CWB Mooka is African music producer who is leader of music also House music and Jazz Music producer grown in Tshwane Mabopane. His father is a Band leader and he started enthusiasm for music. He start music with catalyst to listen to Then City and Inner City's Paradise. He started and established a music production Seamless Music and he sold msuic 12 Inch disc vinyl for 1000 units. The almost of the parts of the units of vinyl has sold in Japan. He produced new CD album "I'm An African."

ピーターCwbムーカは、Tshwane Mabopane(南アフリカ)で育った。80年代後半からハウスを聞き始めた。父はバンドのリーダーだった。そして、ピーターは音楽に対する情熱を持つようになる。彼が買った最初のカセットは -Ten City and Inner City's Paradise 。高校時代はランチ代を削って12インチを買っていた。そして高校のギグやパーティーでDJを始める。そして音楽機材を買い始める。ビジネスパートナーArthur-John Bukenya ArtJones aka ArtJonesに出会い、彼にレーベルseamless musicを始めるために協力してもらうことを説得した。そして、彼は同意する。2006年にseamless musicは確立された。そして、彼らはファースト12インチI'm An Africanをリリースした。それは、世界で2ヵ月で1000枚を売り切る。その大部分は日本で売れ、日本の最大のダンスミュージックダウンロー ドストアでは2006年の最高のDeepハウスリリースのとしてさえ投票される。そして今、初めてのフルアルバムCDに取り組み終わった。

PICCD-555 – Name of CD African soul jazz producer Peter CWB Mooka's first CD album. This album would have song of soul and house and also jazzy house instrumentals. Pure jazzy music instrumental album is very great transparent 21st century sense and feeling to listen to. So gentle african air and soulful energy comes to your listening experience from your room and dance floor. Appreciated by Kyoto Jazz Massive and many house and jazz DJ and producers.

DEEP HOUSEのトップアーティストの仲間入りを果たそうとしている南アフリカのハウスプロデューサー

PETER CWB MOOKAはまさに今、時を迎えようとしている。 伝説となる瞬間に立ち会うことの出来る幸運に恵まれた日本の人々に囲まれ、 今回の珠玉のファーストアルバム「I'M AN AFRICAN」は放たれる。 アフリカのユニバーサルより先行リリースを得て日本に上陸した、まさに2008年ジャズハウスの最高の決定盤。

アルバムは、冒頭の本人による、アフリカ回帰を司るメッセージから、ジャズテイストのクラブに通い慣れた

大人好みの雰囲気のあるトラック2 「TSHWANE MOOD」へと立ち上がって行く。 そしてジャイルス的なジャズの解釈も出来る、甘くたん美な女性ヴォーカルトラック3「HEY DJ」は極めてポップ、 ファッショナブルなアフリカで消化されたヨーロピアンジャズをクラブミュージックへと消化している。

このような手法は、本作では基調カラーとして幾度となく現れる。そしてトラック5 「EVERYDAY」では渋く繊細な、 そして穏やかな希望にあふれた毎日を歌い上げたコーラスに日々を彩られるだろう。目玉は続く、 「MEROPA」はアフリカの情景を欧米風の切り口で優しく綴ったピアノとトランペットの映像的なジャズだ。 続くトラック7「COME BACK TOGETHER」こそ最高の一曲、もし完全なプロモートが出来ていたなら

ビルボードチャート上位に入っていてもおかしくないほどの名コーラスがここに迷い込んで来た。 そして次に、タイトル曲 「I'M AN AFRICAN」は2006年にトラック10のインストルメンタルバージョンを カップリングし、アナログリリースされ、そのほとんどが一瞬にして日本でブレイク完売し、 都内有名レコードショップの2006年ベストディープハウスディスクに食い込むという栄誉を得ている。

とくにDEEPなトラック10のピアノバージョンはつややかに輝くアンビエントジャジーハウスとしてDJ FUTABA、 KYOTO JAZZ MASSIVEの沖野氏はじめ日本のDJより高い評価を得ている。 そう、PETER CWB MOOKAは繊細に世界を未来へと導く新たなはたでとして君臨し始めた。 あなたとこのCDとの出会いは、日本発の世界の最先端の美の動向を紹介するFOUNTAINMUSICと言う

長い旅路との重要なふれあいとして宝になるだろう。

  1. Intro 2:10
  2. Tshwane Mood 6:43
  3. Hey DJ Feat. Tumi & Soso 5:58
  4. Let's Dance 7:28
  5. Everyday Feat. Tshedi 7:21
  6. Meropa Feat. AJ & Mzamo 9:22
  7. Come Back Together Feat Tshedi 6:17
  8. I'm African 12:18
  9. Question8:58
  10. I'm an African (Tshwane Instrumental) 7:41

Buy this album now at Tower, Amazon, iTunes or HMV.

 

       





(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-57074371-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');