Dave Angel & Ken Ishii

Born in Chelsea, the son of a Jazz musician, Dave Angel's first musical instrument (appropriately) was a drum at the noisy age of eight. Not one for conforming, even at the early age, Angel spent little time in school, preferring truancy to chemistry and the music room to the classroom.

1988 and the explosion of acid house in London and the rest of the country seemed to be the major break for Angel, who at the time was pioneering this unbelievable new sound on radio Phaze One. A well known pirate radio station in the capital. The technological explosion which was to rock pre conceived musical conceptions established the young DJ who found himself proclaimed as "One of the major techno talents in Britain". (Echoes March 1992).

DJing formed a natural progression into the recording process and two weeks recording at home with two basic turntables and two tape decks and a child Casio keyboard (yes a child's!!) in 1989 bore the fruits of his first musical excursion ~ a remix of The Eurhythmics "Sweet Dreams" ~ somewhat controversial but eminently successful. Angel's reworking of the track created such a massive buzz in the clubs that RCA were forced to officially release the track and incredibly it charted and climbed to No 23 in the UK National Charts first time round.

Since this initial success Dave has not lost his drive to create music which continues to be regarded as some of the bravest and influential dance music this country produces. Heavily influenced by the Detroit sound he has subsequently released singles and Ep's of astonishing quality for Polydor/Love, OuterRythum, Fnac, Island, R S , Outrage and Apollo imprints, all of which have sold well and received a barrage of critical acclaim. Dave was also solely responsible for the Classic "Sea's Of Tranquillity EP" which was hailed as a landmark release by the Techno intelligence. Notable remixes include work for such luminaries as Orbital, Sun Electric, Carl Cox, Robert Armani, Juan Atkins, Spooky, James, Fourhero, Roni Size, Underworld The list goes on and on………

Dave Angel signed up with Island Records with the releases such as "In flight Entertainment" and "handle with Care" EPs. 1995 saw the release of Dave's debut album "Tales of the Unexpected" which was voted No 5 in the 1995 album chart.

"Angel concocted an album which will stand the test of time, a Major criticism of Techno in 1995 " "Again where Techno went wrong in 1995, Heaven certainly sent an Angel". (The Guardian newspaper 1995). Dave released further remixes of tracks from the album, ‘Timeless' and ‘Rudiments' were club hits , the album also contained the track ‘Fever' which whenever played set the dance floors on fire.

Dave released his second album ‘Globetrotting' for Island Records. Singles such as ‘Disco' were remixed by the likes of Ian Pooley and the wax doctor. Also Tokyo Stealth Fighter and the highly successful ‘Funk Music' which still gets into DJs boxes today.

After three long years Dave parted company with Island Records and started to concentrate more on his own Label Rotation Records with releases such as ‘Insights' being voted single of the month (mixmag) and also his debut on Jericho Records with an EP called ‘Excursions' being also voted single of the month (wax). "Dave Angel just seems to go from strength to strength" (Mixmag).

1998 also saw the release of "39 flavours of Tech Funk" a mix compilation on React Records (Mix album of the month ~ Muzik Mag) which received rave reviews from across the globe. "Dave Angel has been at the forefront of Techno for nearly a decade" (upfront Mag 98). Also being voted one of the best mix CDs of 1998. Bringing in more DJ work for the ever busy Mr Angel. This year also saw Dave being nominated for The Essential mix for the Muzik awards.

Dave went on to release another cracking EP on Rotation called ‘The Knockout EP' which again was voted single of the month (Mixmag July 99). "Dave's a bloody boxing Genius" (Mixmag Aug 99).

Going into 2000 and Dave releases the second in the Knockout series ‘The Knockout, The Rematch' going head to head with Jamie Anderson yet again the EP gets a single of the week From NME (Oct 00).

2001 saw the launch of the internet trust the dj.com which Dave as one of their artists signed an exclusive internet deal. Starting of with DA01 a mix compilation, getting rave reviews and also bringing in new fans to already respected fan base. "Pure Joy from start to finish". (Time Out) . DA02, The reworks a collection of remixes he has done over a 10 year period, ranging from his own ventures to the likes of James, Kenishi , Baz and Dj Krust / Roni Size. The saddest thing was that due to big labels we was not able to license the main remix, Sweet Dreams by the Eurhythmics which was as you know his first ever musical production. released 29th August 2002.

Following the success of DA01, Dave ventured back into the Mix cd terrain and this time produced the slamming DA03 for trust the djs.

Continuing his Rotation Imput he released the Ep titled "Ocean dwellers" which got rave reviews and his latest "Warriors EP" which was released in 2005.

2006, after numerous problems in his new studio, Dave has finally got the sound he was searching for and is now in the process of releasing numerous projects, while DJing around the world, spreading his sound.

Prolific in his writing and DJing, Dave Angel has become and surely will continue to be one of the freshest and innovative musicians on the dance music scene.

"He continues to keep his music on the cutting edge" (NME).

"Dave Angel is one of life's Gent's, universally respected by everyone who's had the pleasure of his company. And as ever he's still in demand as one of the dance scene's best loved DJ".(Future Music)

For more info or bookings contact Pat or Ellie on 01793 873 486 Or email us at djdaveangel@btinternet.com

そう、彼のトラックではジャズの影響を聞くことができる。少なくとも、彼がそう期待する。そしてあなたは気づく:彼が作る音は、感性から作られていると。それは、インプロヴィゼーション、フィーリング、エモーションといった、ジャズと同じ法からなる。デイヴエンジェルはチェルシーで生まれた。そして、非常に非正統的な音楽形式によって成長した。彼の父(ジャズミュージシャン)は、深く彼に音楽の影響を与えた。彼の友人や、マイルスデイビスとチャーリーパーカーだけでなく多くのラジオから、そしてSoulとFunkからも同じように影響を受ける。14歳で、パーカッションを演奏したりして多くの困難を通過していたが、まだ彼の人生に確かな物はなかった。彼がどのように乗り越えることができて、成功することができたかについて説明するために、1989年にもどろう。

 ある日、デイブはカシオキーボードの原型を仲間の家で発見して、それを借りた。そして、彼の第一歩だと感じる。そしてダブルテープデッキで2つのドラムシーケンスと暗いベースラインを造った。彼はその基盤になっているトラックを探すと、自身の所有するレコードから、シンセポップのユーリズミックスの「Sweet Dreams」とわかった。そしてだ:彼のNightmare mix versionは彼のキャリアの第一歩として作られた。しかし、友人のお金で最初の500枚を作っても、大失敗になろうとしたが:BMGからのスタッフが関心を示した、リリースに至るが、アニーレノックス(ユーリズミックスのヴォーカリスト)は、彼女の人生の非常に難しい期だったため、プロセスを中断したいと頼んだが、しかし、幸運にも、彼女のパートナー(デイビッドAスチュワート)は彼のトラックを好んで、彼女にそれを説得した。デイブは、人生を支えてくれたスチュワートに、常に感謝している:彼のNightmare Mixはスリルに富んだ曲(ジャズ、デトロイトテクノ、ブレイクビート、ハードコアの要素にあらゆるDJは熱狂)になった。そして、イギリスのチャートで23位に達する。  これらの状況の全ては、ブリクストン(ギャングとトラブルによって日中支配されたゲットー)地区に住んでいたものに非常にまれであると思われることができた。そこで、デイブは、彼の友人(ジャンピングジャックフロスト)と成長した。そして幾人もの同世代とともに、生活から逃げることなく。「音楽は、私を救った。」と、彼は近年述べる。そして、特権階級でない人々への社会問題について意識していた。彼は人生の非常に難しい状況を経験し。「生命の本当の価値を知るためには苦しまなければならない」 後まもなく、デイブは多くの招待とリスペクトを、ヨーロッパ中から得て、ドラムンベースのDJファービオとグルーヴライダー(当時はハウス、ハードコア)とともにPhaze Oneチームに所属する。80年代の終わりから90年代初頭までイギリスのシーン作りに貢献していた海賊ラジオでは常に彼らが紹介されることになる。  彼のプロデューサーとしてのキャリアの扉もまた開かれていた。しかし、彼の優れた作品(アポロの「Family EP」とRotation Recordsによる「RoyalTechno EP」)はあまり気にかけられることがなかった。イギリスのシーンはミニマル傾向にあったためだ。一方でデイヴの哲学はジャズ、ソウル、ファンクを取り入れデトロイトアーティストの一種である捉えられていた。

 彼のレーベル(Rotation Records)によって、彼は現在のプロデューサーの多くに巨大な機会を与えた。そして、他の国籍(ポールヘーゼル、シスコフェレイラ、ヴィンスワトソン、サミュエルLセッション、スティーヴリッチモンド、シャープサイド)からの多くも。  デトロイト外からの最も有力なテクノアーティストとしてのデイブは、ブラックマーケット、ラヴ、ローテーションから発売された。特にR&Sからの「Classics」からも多くの良質な作品が伺える。

 K7!からリリースする1年前、これまでに最高のMIX CDのうちの1つ:「Dave Angel Presents X-Mix-4 - Beyond The Heavens」は下記の曲を収録している。Chez Damierの「help myself」、F2の「Dominica」、彼のプロジェクトSun Electricの「Entrance」。  90年代後半、デイブのトラックはtechfunkと呼ばれ、LPとして、「Globetrotting」「Tokyo Stealth Fighter」「This is Disco」、「Funk Music」、MIX CDとして「Dave Angel - 39 Flavours Of Tech Funk」の全てをを有名なIsland recordsより出している。  そしてデイブはインターナショナルシーンにおいて地位を得た。そして、最大のイベントとフェスティバルに出演を:彼は世界中でプレイし、国際的なテクノシーンの主な象徴になる。この言葉を多くの人が知るように:「どこに彼がいようとも、彼は惑星をロックする」  2007年は、新しいレーベルに遭遇した; Niah records。最初のリリース、 A面のShebaはよりデイブらしいスタイルのトラック;空気、メロディーと暖かさ。そしてB面は、ジョージクリントンをボーカルに迎えたMothership part 1、それが3章に分かれたリリースの第1章である。このリリースは、DJやミュージックラヴァーから多くの称賛を獲得した。

 デイブは彼の多産な歴史を経て、すべてのニーズを満たすビートを提供し続ける。

Ken Ishii

Ken debuted on a legendary Belgian techno label, R & S Records, in 1993. Then he won No.1 on the UK's NME magazine's techno chart which led him to worldwide recognition. In 1995, the highly praised album "Jelly Tones" (R & S / Sony) was released. In the following year, the video clip for the single "Extra" from the "Jelly Tones" album (directed by Koji Morimoto, the animator of the worldwide hit cartoon, "Akira") won MTV Europe's "Dance Video of the Year" award. Since then, Ken has been regarded as one of the Japanese pioneers whose creation is on a world standard.

In 1998, Ken composed and produced the official theme song for the winter Olympics which took place in Nagano, Japan and it was played in more than 70 countries around the world. Then in 2000, Ken was on the cover of "Newsweek" magazine, featured as a symbol of the Japanese new culture. Also in the same year, he composed the theme song and soundtracks for the mega hit Japanese film, "Whiteout", which led him to a nomination for Japanese Academy Awards. Then in 2002, Ken finally set up his own label, 70 Drums, and released an album “Future In Light.”

These days, Ken spends 2/3 of his time in Europe, Asia, North and South America and Oceania DJing and working as a true international artist. In 2004, he was awarded the best techno DJ at "Dance Music Awards" in Ibiza, Spain, proving himself to be one of the world's most talented DJs in the scene. Last year, he was in charge of the music for Japanese Government's Seto-Nippon Pavilion at World Expo, held in Aichi, Japan. In November, 2006, he released an original album "SUNRISER". He has also been continuously releasing on his side project, FLR, focusing on the dance floor.

‘93年、ベルギーのテクノレーベル「R&S」からデビュー。イギリス音楽誌「NME」のテクノチャートでNo.1を獲得、その名を世界に知らしめる。'95年、アルバム「Jelly Tones」(R&S/SONY)をリリースし、大ヒットを記録。'96年には「Jelly Tones」 からのシングル 「Extra」のビデオクリップ(映画「AKIRA」の作画監督/森本晃司監督作品)が、イギリスの “MTV DANCE VIDEO OF THE YEAR” を受賞。世界に通用する音作りができる日本人のパイオニア的存在として、ワールドワイドで高い評価を得る。'98年、長野オリンピック・オフィシャル・オープニングテーマのインターナショナル版を作曲し、世界70カ国以上でオンエア。2000年には、アメリカのニュース週刊誌「Newsweek」で表紙を飾る。アーティスト、DJ、プロデューサー、リミキサーとして幅広く活動し、最近は1年の2/3もの時間をヨーロッパ、アジア、北/南アメリカ、オセアニア等、海外でのDJで過ごすインターナショナルなアーティストとして活躍している。'04年、スペイン・イビサ島で開催のダンス・ミュージック界最高峰“DJ AWARDS”でBEST TECHNO DJを受賞し、名実共に世界一を獲得。'05年には「愛・地球博」で政府が主催する瀬戸日本館の音楽を担当。2010年には東京都現代美術館で行われた「サイバーアーツジャパン」に出展した3Dインスタレーション作品への参加や、ミッドタウンの館内BGMのミックスを2年間担当するなど、楽曲制作、DJに加え様々な活動を展開。昨年、それらのインターナショナルな活動に、世界的通信社「ロイター」が注目。今年1月に報道配信され、全世界の新聞、雑誌などが掲載。10億人が目にすることとなった。そして新たに立ち上げたプロジェクト「Ken Ishii presents Metropolitan Harmonic Formulas」で2月8日にニューアルバムをリリース。菊地成孔、Emi Meyer、Jazztronikこと野崎良太、Alex from Tokyo、Masaki Sakamotoとのコラボレーション、自身初のカバー曲としてMr Fingers「Can You Feel It」、Soft House Company「A Little Piano…」など、他のアーティストや異ジャンルの音楽ともクロスオーバーするエレクトロニック・ミュージックを奏でている。

PICCD-005 – Frame By Frame

Best Detroit techno album release in 2011. This is the album of legend Dave Angel. Top producer Dave Angel in U.K.'s album is released in world wide. The director is Japanese label Plaza In Crowd sister label of Fountain Music. Dave Angel has released remix of Eutythmics who is a member of Mick Jagger's band Super Heavy and it was charted on 23 of U.K. chart. Also at the time of appearance of Drum'n'Bass , he was teamed with the genre originator Groove Rider. Then he has gotten popularity as top techno DJ in the world as original techno style with jazz and soul taste. These years , releasing from K7 and collaboration with George Clinton , so he has gotten many winning title .

The point of this release is an original album after long time silence of his. Also here includes collaboration track ‘Type E' with Ken Ishii as label mate of R&S in middle of 90's. Already , Derrick May and Laurent Garnier has listened this track ‘Type E' and it is talked about among many people. Dave Angel have been related as remixer of Ken Ishii's hit number ‘Extra' and this is 13 years since then. On the other hand , the remixers of the album are valuable top producer such like , Shin Nishimura , Satoshi Fumi , Jamie Anderson and Marco Bailey.

The sound is innovating groove of Dave Angel , he has been through the time beside of minimal and tech house boom with his original Detroit techno essence .He pursues jazz and soul in the while time. You can enjoy core essence of techno and find him as veteran producer for acting 20 years. Dave Angel has developing with having to absorb good flavor of techno and expressing his art as one bigger legend. Perfect deep techno album you will be intoxicated through whole high tension groove with historical development is born here.

1 The Hunt
Strong groove and technical number. That is hot solid beats and aggressive deep emotion.

2 Atlantis
Sacred and huge prominence animal like intelligence arrange structures spaces. Mannish concrete tension determine this album's framing work solidness.

3 Game On
Cyber minimal rhythm and lovely and heavy harmonies are dynamic although fresh and sensual that can be fit for ling mix by DJ and unveiling story.

4 Zulu
Expressing essence of techno music track of this is poured historical music searching with hot enthusiasm. Bottom of time and Space gravity's darkness sounds Dave Angel's breathing.

5 On Point
Pop arrange heavy beat and musical scale compose are many in this album , this number is prominent pop and brightly dramatic track. Good swinging rhythmical progression.

6 Drop Top
Raising colorful and juicy harmony and orchestration Song Drop Top. Featured warm and Power POP arranged techno sound.

7 Jet Stream
Stratight Dave Angel phrase is energetic and Fountain Music's transparent feeling fusion would be listened as artistic number. We can feel massiveness of U.K.'s boss. This number determine this album is important for techno music history.

8 Counter Wave
Soulful story of body feeling of silence and sounding can be impressed with luster groove that contains future of techno.

9 Sense'i
We can enjoy this track as great number of fresh heart and black rhythm mix technical stereo sound. Driving sound and up tempo arrange are fit for your car drive.

10 Scots Warrior's
Dave Angel's driving feeling reinvents 90's rthysmic blood feeling to color new album Scott Warrior's. The 21st century techno's future leading track. High edged appropriate for the title concept ‘'Frame By Frame'' tension.

11 Type E - Dave Angel and Ken Ishii
Colaboration with techno god Ken Ishii. Meeting with the person who knows any thing of techno Ken Ishii since R & S time. They express legend heaviness splendidly and stuck on depth. This is perfection of combination of talents.

Dave Angel past remixes and features

Remixes for Orbital, Sun Electric, Carl Cox, Robert Armani, Juan Atkins, Spooky, James, Fourhero, Roni Size and Underworld

Features with Roy Ayers and George Clinton

Comment from Ken Ishii
My musical relationship with Dave Angel started in the mid '90's, the time I was singed for Belgium's R & S Records. His remixes were featured on many of my singles on the label. His craft on remixing my music always worked perfectly and I often played his remixes more than my own originals. Of course his own works are important in the history of techno as well. His new album includes a track he and I collaborated on for the first time, which gets me to have a great feeling towards our musical history so far.

Commnet from Laurent Garnier
great release indeed Thanks for the zip Will play for sure

Comment from Satoshi Fumi
Dave is one of my favorite artist. really quality trax are here.amazing album! also i'm very interested tune, collaborated with Ken Ishii. Full support:)

  1. The Hunt
  2. Atlantis
  3. Game On
  4. Zulu
  5. On Point
  6. Drop Top
  7. Jet Stream
  8. Counter Wave
  9. Sense'i
  10. Scots Warrior's
  11. Type E - Dave Angel and Ken Ishii

2011年、デトロイトテクノの名作が誕生した。 U.K.のトッププロデューサーDave Angelのオリジナルアルバムが世界リリースされる。制作の指揮をとったのは日本のレーベルFountain Musicの姉妹レーベルPlaza In Crowdだ。Dave Angelは90年代には今ではミックジャガーとバンドを組んでいるユーリズミックスのリミックスをし、U.K.チャート23位を記録。ドラムンベース創世記には、ジャンル創始者のグルーヴライダーとチームを組み、その後も得意のソウル、ジャズテイストのデトロイトテクノで世界で一世風靡し、近年ではK7からのリリースや、ジョージクリントン等とのコラボレーションでも、大きな話題を呼んでいる。

今回の見所の一つは、デビューしたレーベルR&SのレーベルメイトKen Ishiiとのコラボレーションを収録。すでにデリックメイやローランガルニエの耳に届き、デトロイトテクノシーンに大きな反響を呼んでいる。 Ken IshiiとDave AngelはKen氏の初期ヒット曲「Extra」をリミックスした仲であり、10年以上ぶりとなる共演である。リミックスにもShin Nishimura、Satoshi Fumi、Marco Bailey、Jamie AndersonらとDave Angelに関わって来た多くのトッププロデューサー達が食い込んで来ている。

アルバムの音源はミニマルのブーム、テックハウスを横目で見ながらも常にデトロイトの本質をジャズ、ソウルの探求を掘り下げながら吸収して来たDaveの独創的なエネルギーを宿し、20年以上テクノを追求してきたベテランプロデューサーの自然な本質的グルーヴの表現が堪能できる。進化しているテクノミュージックの旨味を吸収し成長しているDave Angelの芸術性がいかんばかりに発揮されている。 全曲を通して体感出来るグルーヴ感に歴史を反映し陶酔する事が出来る完璧なテクノアルバムの誕生だ。

Ken Ishii氏からのコメント 「Dave Angel とは'90年代からの関係だ。ボクがR & S時代にリリースしたいくつものシングルで彼のリミックスがフィーチャーされ、ボク自身もオリジナル・ミックス以上にプレイして来た。言うなればとても相性のいいリミキサーというか。もちろん彼のオリジナル作品もテクノ史上とても重要だ。今回彼とボクの初のコラボレーション・トラックが彼のニューアルバムに入ることとなり、その長い年月の重みを心地よく感じているところだ。」

1 The Hunt
力強いグルーヴ感で、長い年月をテクノ一本で生き抜いて来たDave Angelの本質のディープエモーションが貫かれた最新のテクニカルナンバー。固いビートと絡み合う攻勢が熱い。

2 Atlantis
神聖で壮大な躍動感を動物的かつ知性的にアレンジした空間を構築するセカンドトラック。男らしい具現的な高揚感がアルバム全体ののフレーミングワークのソリッド感を決定づけている。

3 Game On
サイバー感のあるミニマル調のリズム隊に愛情と重みの調合されたダイナミックでありながら繊細きわまりないフレッシュなファンクはロングミックスにも最適であり、アルバムの中にある凝縮された物語性のをひも解いている。

4 Zulu
テクノの神髄をダークに表現しているこの曲には音楽の歴史の大いなる探求の引き出しが静かだが熱く注入されている。あおり立てる時空の底からは重くゆっくりとしたDave Angelの呼吸が響いてくる様だ。

5 On Point
ヘヴィーなビートの上にポップな音階がアレンジされた楽曲の多い本アルバムの中でもひと際ポップさで子気味よいメロディーで明るいドラマティックな空気感を演出する楽曲。スウィングするノリの良い展開。

6 Drop Top
登って行くカラフルでジューシーなハーモニーが絶大なオーケストレーションを披露するDrop Top。ワームなパワーポップ感を取り入れたテクノサウンド。

7 Jet Stream
ストレートなDave Angel節がエネルギッシュであり、Fountain Musicの透明感と融合したアーティスティックなナンバー。U.K.テクノのボスの絶大さが伝わってくる。このアルバムをテクノの歴史において重要な物だと決定づける楽曲であるだろう。

8 Counter Wave
肉体感の静と動を表現した輝く動体を印象づけるアルバムのストーリーを押し進める艶めきと団結したグルーヴの魂の群がテクノの未来を予感させる素晴らしく美しい感動のこもった作品。

9 Sense'i
爽やかなハートをブラックリズムでミックスしたテクニカルなステレオサウンドが楽しめる好印象なグレートナンバー。全体の疾走感とアップテンポなアレンジはドライブにも最適。

10 Scots Warrior's
体を駆け巡る血潮のリズムを90年代から蘇らせるDave Angelの最新アルバムにドライヴ感を色付けるScots Warrior's。21世紀のテクノの未来への希望を力強く導く楽曲となるだろう。Frame By Frameのタイトルに相応しいハイエッジな展開が音楽を更なるレベルへと高揚させる。

11 Type E - Dave Angel and Ken Ishii
テクノゴッドKen Ishiiとのコラボレーション。テクノの全てを知り尽くすKen IshiiとのR&S時代からの再会。伝説の重みをいかんばかりに発揮した二人の共演が見事に深く突き刺さる。才能の結合がここに完成。

Buy this album now at Tower, Amazon, iTunes, or HMV.

 

       





(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-57074371-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');